【絶対に外さない神ゲームアプリ】一覧

【2020年3月配信】ウーユリーフの処方箋(SEEC最新作)レビュー

今回は「株式会社SEEC」待望の最新作『ウーユリーフの処方箋』について、紹介&レビューしていきます!
推理ノベリティゲーム界の巨匠が織りなす、過去最高作ともいわれる本作は、一体どのような内容なのでしょうか!見どころを紹介していきます!

<公式PV>

↑公式映像をみるだけで、プレイしたくなること必須です。

さむ
さむ
今作はイケメンばかりが標的になる、命がけの脱出ノベリティゲームとなっています!ダークな雰囲気や世界観、キャラクター、音楽、どれをとっても最高です!
ウーユリーフの処方箋 - 脱出・推理ゲーム

ウーユリーフの処方箋 – 脱出・推理ゲーム

SEEC Inc.無料posted withアプリーチ

本編のあらすじ

本作は、ちょっと残念なイケメン大学生「マツリ」が、イケメンばかりが襲われる呪いのゲーム「ウーユリーフの処方箋」の世界に飲み込まれてしまうことから、物語がはじまります。

元々は、主人公の女の子がイケメン3人を攻略する、というごく一般的な乙女ゲームのシナリオであった、「ウーユリーフの処方箋」。しかし、ある時からその物語は破綻し、イケメンばかりが犠牲になる、デスゲームと成り果ててしまったのでした。

果たして、マツリは変わり果てたゲームを攻略し、無事元の世界へ生還することはできるのでししょうか…。

さむ
さむ
「ゲーム世界に迷い込んでしまう」という設定のゲーム……っていう設定も面白いよね

ちなみに元々は、自身の容姿に絶大な自信があり、「自分はモテて当然」「女性は攻略対象」という価値観だったマツリ。発言の要所要所から、「自信満々」な面が垣間見え、若干痛い奴だな~というのが序盤の印象。

突如飲み込まれた世界は、元は乙女ゲームの舞台だったというボロボロの工業地帯。その世界の中で、仲間と協力して脱出を目指す中で、成長していく彼の姿が見どころです。

ゲームの基本要素

1. メインシナリオをすすめる

「ノベルティゲーム」なので、物語のシナリオを読みすすめることで、ゲームが進行していきます。キャラクター達の会話をタップすることで進めていきます。

また、本ゲームの見どころが「脱出」と「謎解き」要素がある、「探索パート」。5~10回に1回程度で、ステージ場面を捜索し、必要なアイテムをGETしたり、頭を使って謎を解く、などの演出があります。

怪しそうなところをタップすることで、アイテムを拾えたり、物語をすすめるヒントを手に入れていきましょう。

2.ミニゲームでアイテムをGET


今作の印象は、メインパートの他に「ミニゲーム」が幅広いなあということ。

「発掘」や「調査」「アトリエ」等、3種類のゲームが用意されており、これをメインと同時進行することで、物語が進行できたり、アイテムを獲得できたりします。

ただですね…やっていて思うのが「ミニゲームの目的よくわからん!」ということ笑

「調査」は、キャラクターを各スポットに調査にいかせる、という「放置ゲーム」(前作からあった要素)。これをしないと、メインストーリーをすすめられないので、こまめに調査へいかせましょう

残りのミニゲームは、特に本編には関係なく、アイテムのコレクションや、キャラの本編とは別のストーリーを楽しむためにあります。余裕があればやる、位で手を出してもらえれば十分だと思います。

登場キャラクター説明

SEEC作品ではじめて「男性特化」でキャラクターが構成されているのが、本作なんですよね。

過去、キャラクター特化で人気を取る、というよりは、シナリオで勝負してキャラクターはその次…とい印象であったSEEC。その中で、今作は比較的「キャラクター性に力を入れている」のではないか、という感じなので、もしかするとお気に入りキャラができるかもしれませんね。

ちなみに、自分は圧倒的に「キリオ」さんが好きです(笑)。

マツリ(CV:逢坂良太)


本作の主人公にして、美形、そしてナルシスト。ごく平和な大学生を過ごしていたが、ひょんな事から、「ウ―ユリーフの処方箋」のゲーム世界に、引きずり込まれてしまった。

現実世界では、自分にしか興味のない「嫌な奴」だったが、本編では頭の冴える仲間思いのキャラクターへと、徐々に成長していく。

キリオ(CV:羽多野渉)

 
オネエ口調で喋る、青髪の大男。元々は「ウ―ユリーフの処方箋」の「攻略対象の1人」だったが、ゲーム内の様々な事情にて、今の姿に変貌する。

ゲームの主人公である「ヒロイン」のことを、心底毛嫌いしている。

性格は、面倒くさがりな面がありながらも、優しくて面倒見がよく、マツリがゲーム世界で途方に暮れていた際に、助けてくれたのも彼である。

ノゾミ(CV:阿部敦)


キリオの同居人の1人。

冷静沈着で、物知り。最初は「マツリ」のことを「学識のないツマラナイ奴」と思っていたが、その勇気や頭の回転の良さから、徐々に彼のことを認めだす。

現実世界では学生。また、ゲームや映画をこよなく愛すヲタクでもある。

カナタ(CV:小笠原仁)

キリトの同居人の1人。小心者だが、つい見栄をはってしまう意地張りな面を持つ。

マツリが訪れた当初は彼を認めておらず、キリトの家に同居することを、唯一反対していた。しかし、ヒロインに襲われたときにマツリに命を助けられたことをきっかけに、彼に心を許すことに。

赤いトサカヘアーが特徴的。

ミト(CV:寺島惇太)

キリトの同居人の1人。無口であまり会話に参加しない。

目元も長い前髪で覆われているが、時折覗く顔から、イケメンの雰囲気が漂う。

ヒロイン

「ウーユリーフの処方箋」のヒロインであったはずの少女。

しかし、どういうわけかその姿は変容してしまい、、、、。

おすすめポイントBEST3

1. 凝った演出やビジュアル

SEECさんの作品は、毎回ハイクオリティなイラストや凝った世界観、オシャレなBGMが特徴的です。公式PVにもそれが現れていますよね。

そんな過去作品の中でも、本作「ウーユリーフの処方箋」のセンスは抜群だと感じています。キャラクターのビジュアルもお洒落で、「島爺」さんのオープニング音楽も味があり、世界観にすごくマッチしています。

さむ
さむ
控えめに言って最高…!

2. 「乙女ゲーム」の創り手側がわかる「設定」

今作で面白いポイントが、ゲームを通じて「乙女ゲーム」がゲーム業界でどんな位置づけにあり、どのようなターゲット層で、どういう意図で制作しているのか…という乙女ゲーム制作者の視点を知ることができるです。

「ウーユリーフの処方箋」の世界が、そもそも「乙女ゲーム」であり、且つ「乙女ゲームを開発する」ことを仕事としているロボットで、構成されているんですね。説明が難しいですが。

例えば、「アプリゲームユーザーは、ライト層・主婦層が多いので、学園モノは人気が出ない」や、「アクションゲーム等とくらべ、ゲームの駒数や映像展開がラクなので、比較的低予算で創ることができ手が出しやすいジャンル」などなど。これまで、自分になかった「アプリゲーム」業界の裏側を学べ、面白いです。

3. 過去最高の豪華声優陣


徐々にレベルアップしている、という印象のSEEC作品。その中で、これだけ有名声優を多数起用しているのは、本作が初めてと言って過言でありません。

逢坂良太さん、羽多野渉さん、阿部敦さん、小笠原仁さん、寺島惇太さん等…アニメでもよく見かける顔ぶれが並びます。且つ、ゲーム中もボイスは惜しみなく使われている印象。

これは、またドラマCDや声優イベントもあり得るかもしれませんね…。

ぜひ、羽多野さんの「オネエボイス」を楽しんでください。

(強いて言うなら)残念ポイント

1.1日に5話しか進まない

チケット制なので、1日に勧められるストーリーに制限があるのが、やはり寂しいですね。課金せずにこれだけ楽しませてもらっているので、何の文句も言えませんが(笑)

毎日、AM5:00にチケットが5枚配布され、1チケットで1話を読み進めることが出来ます。

どうしても読みたくなった方は、今のところ課金するしか無さそうです。

2.限定スチルが、課金しないと見られない

本作の見どころの1つに、ストーリー中の名場面が課金アイテム「王冠」を使うことで、限定スチルで楽しめるという点。

しかし、現状では課金しない限りスチル解放ができません。。。広告動画の視聴などで、王冠が貰えたら良いのになあ…という贅沢ですが希望はありますね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

凝った設定やビジュアル、ストーリー、どれをとっても過去最高作は間違いありません。まだまだリリースされたばかりですが、今後も物語は展開し、楽しみ要素も増えていく予感です。

今のところ、自分は無課金でも全く問題なく楽しめています!
ぜひ、皆さんもプレイしてみてくださいね!

▼公式HPはコチラ
https://uyrh-rx.se-ec.co.jp/

▼公式Twitterはコチラ

ウーユリーフの処方箋 - 脱出・推理ゲーム

ウーユリーフの処方箋 – 脱出・推理ゲーム

SEEC Inc.無料posted withアプリーチ